山崎賢人出演ドラマ「永遠のぼくら」の結末・最終回は?

2015年放映された

ドラマ「永遠のぼくら」。

有村架純さん演じる

主人公の松岡あおいを想い続ける

幼馴染・永田拓を演じた

山崎賢人さんに注目が

集まりました。

ストーリーは、人生の分岐点にたつ

大学三年生のあおいが、

あるとき出会った

学生たちの姿を通して、

自分の人生の選択に疑問を持ち始め、

やがて変化していくという

青春ラブストーリーです。

 

今回はそんなドラマ

「永遠のぼくら」の

あらすじや結末を

追ってみました。

山崎賢人さんも涙!!「永遠のぼくら」の結末が泣ける、ネタバレ注意

脚本が「天体観測」を書いた

渡辺千穂さんということで、

複数の男女が絡み合った

ラブストーリーが

美しく描かれています。

 

主人公らが大学三年生ということで、

まだ大人と言い切るには

青臭い、恋愛、友情、葛藤などが、

「希望」というエッセンスを纏い、

誰もが憧れや懐かしさを

抱くことができる構成となっていますよ。

 

 

山崎賢人さんが演じる

永田が想い続けている、

主人公のあおいは、

高校の先輩山内宏太(窪田正孝)に

好意を寄せています。

 

そして宏太の元カノ

佐伯夢花(鳴海璃子)らと、

複雑な恋愛模様を

繰り広げるのですが、

学生時代って、

まさにそういう感じですよね?

 

そんな恋愛模様のなかも、

やはりベースとなっているのは、

彼らそれぞれの人生の選択。

その結末が涙を誘うワケなのです。

 

最後は、

ハッピーエンドとはなるのですが、

大人への階段を上った先にある未来に、

思わず胸が詰まる思いを

した視聴者も多いのでは?

スポンサーリンク


山崎賢人さんもビックリ!!「永遠のぼくら」キャストが超豪華

しかしながら、この「永遠のぼくら」、

キャストが豪勢でしたね。

「まるで朝ドラを見ているみたい!」

と声が上がるほど、

今躍進中の若手俳優さんが

一同に顔を揃えました。

 

主役 有村架純 (あまちゃん)
山崎賢人(まれ)
浅香航大(マッサン)
矢本悠馬(花子とアン)
東出昌大(ごちそうさん)(あまちゃん)
窪田正孝(花子とアン)(ゲゲゲの女房)

 

このように、なんとまあ、

朝ドラ俳優総出演です!

ほんと、贅沢なドラマです。

スポンサーリンク


山崎賢人さんも感動!!「永遠のぼくら」の挿入歌

話は変わりますが、

ドラマの中で流れていた挿入歌。

とても素敵でしたよね。

 

皆さんはその曲がなんなのか、

わかりましたか?

ご存知の方も多いとは思いますが、

あの曲は、シンディ・ローパーの

「トゥルーカラーズ」です。

 

若い視聴者の方も、

どこかで一度は聴いたことがある

曲ではなかったですか?

 

最後のエンドロールで流れていた曲は、

カーペンターズの

「イエスタデイ・ワンス・モア」。

これも、有名な曲ですね。

 

ドラマって、かなりBGMの

存在って大きいですよね?

その曲の素晴らしさにより、

ドラマがさらに名作となるほど、

その影響力は大きいです。

 

この「永遠のぼくら」も、

この二つの曲が、名作に

押し上げてくれたように思います。

 

しかし、その曲のチョイスも、

「ドラマの力」であることは

間違いありませんけどね。

スポンサーリンク