西島秀俊の筋肉 映画「サヨナライツカ」以前は華奢だった?

西島秀俊さんの持つ筋肉美について、

皆さんはどれくらいご存知ですか?

 

西島秀俊さんの筋肉

話題になり始めたのは

映画「サヨナライツカ」の出演が

きっかけだったように思います。

今でこそ映画やドラマで

警察の役なども多く、

強靭な男、筋肉質のイメージがある

西島秀俊さんですが、

デビューしたての頃、

「あすなろ白書」出演時なんて

華奢な感じでしたよね。

 


筋肉タレントといえば、

なかやまきんに君さんや

武井壮さんなどを

思い浮かべる方は多いと思いますが、

実は、お二人のように

「筋肉アピール」をしていなくとも、

実は「筋肉美」が大絶賛されている

男優さんって多いんですよね。

 

伊藤英明さん、東

山紀之さんも有名ですが、

今、誰よりも注目されているのが、

俳優の西島秀俊さんなですよね。

 

今回は、2016年度の

「女が選ぶ理想の筋肉な芸能人TOP10」

アンケートでも堂々と1位に

ランキングされた西島秀俊さんの

筋肉注目してみました。

西島秀俊さんの筋肉ムキムキいつから定着?昔は華奢だった

とは知ってはいても、

ある程度年輩の方にいわせれば、

「ってゆーか、西島秀俊って、

そんなにいい身体だった?」

という声もチラホラ

きかれるんですよね。

 

というのも、西島秀俊さんが

最初に一躍有名になったのが、

1993年に放送された「あすなろ白書」。

 

 

そのときは主人公のキムタクに恋する

華奢な青年役だったことで、

「華奢なイメージ」が

根強く広まったんですよね。

 

ですが、いつの間にか、

「筋肉美タレント」の中に、

必ず名を連ねるようになった

ということですが、

いったい、いつから「西島秀俊=筋肉」

というイメージが定着したのか、

とても興味がありますね。

スポンサーリンク


西島秀俊さんの筋肉ムキムキ映画「サヨナライツカ」が転機に

西島秀俊さんの美しい筋肉が

最初に披露されたのが、

2010年に公開された

映画「サヨナライツカ」

だと言われています。

 

たしかにその時の画像を確認すると、

かなりの筋肉美ですね。

 

 

「サヨナライツカ」という作品で

好青年と呼ばれる筋肉質で、

裸になる事が多い役どころのために、

鍛え始めたと言われています。

 

少し前流行した「細マッチョ」

という言葉がぴったりの、

「決して筋肉隆々には見えない、

だけど、脱ぐと凄い!」

と言われるギャップ感満載の

素敵な身体ですね。

 

〇映画「サヨナライツカ」

辻仁成さん原作の同名小説を映画化。

公開当時、辻仁成さんの妻であった中山美穂さんが

西島秀俊さんと大胆なラブシーンを演じるという事で

話題となりました。

 

「サヨナライツカ」をTUTAYAディスカス 30日間無料トライアルで見る

 

スポンサーリンク


西島秀俊さんの「MOZU」やNHK大河「八重の桜」でも披露

西島秀俊さんはその後、

西島さんはNHKの

大河ドラマ「八重の桜」や、

TBSとWOWWOWが共同制作した

ドラマ「MOZU」でも、

その筋肉美を披露しています。

 

 

「八重の桜」ではかなりその筋肉に

磨きが掛かっています。

むしろ「細マッチョ」ではなく、

脱がなくても筋肉が張っている感じが

伝わってきていますよね。

 

聞く所によると、西島秀俊さんは、

「2件の高級ジムのはしご」を

しているらしいですよ。

 

その理由は、どうやら、

その高級ジムでしか販売していない

「高級プロティン」を飲むために

はしごをしているとのことです。

 

そう聞いてみると、なんだか

「筋肉をつけることに囚われてる感」

が否めなくて残念な思いも湧いてきますが、

やっぱり俳優さんですものね。

だらしないボディーでは

ファンに魅力を届けられない

ってことでしょう。

 

西島秀俊には、

我々の目の保養のためにも、

その努力続けて頂く事にしましょう。

スポンサーリンク