星野源の病気、パニック障害はデマでは無い 克服の軌跡

星野源さんは、

2012年の年の瀬、

「くも膜下出血」という病気を患い

1年以上もの闘病生活を送っていた事を

ご存知の方は多いかと思います。

しかし、星野源さんが

パニック障害という

精神的な病気で苦しんだ

過去を持っている事は

ご存知だったでしょうか?

 

星野源さんがパニック障害だった事自体、

デマだという噂もありましたが、

2014年2月放送の「情熱大陸」で

ご本人自らパニック障害を

持っていた過去について語られています。

 

今回は、星野源さんが

パニック障害になった理由や

克服した軌跡について

調べてみたいと思います。

星野源さんはパニック障害という病気だった事はデマではない

「星野源さん」と「パニック障害「という病気、

なんとなくイメージが結びつかないですよね。

「恋」や「SUN」を歌う、

元気でお茶目な星野源さんが

パニック障害だったなんて

信じられないファンの方が

多いのではないでしょうか。

 

そんなイメージがあったからでしょうか、

星野源さんがパニック障害だった事は

デマだという噂がネット上で

立ったようです。

 

 

しかし、先述した通り

「情熱大陸」に出演された際、

星野源さんご本人が

パニック障害になった理由や経緯を

お話されていますので、

デマではなく真実なのは

間違いありません。

スポンサーリンク


星野源さんがパニック障害になった理由

星野源さんがパニック障害に

なったきかっけ、理由は

何だったんでしょうか?

 

星野源さんが小学生の頃、

体育の授業中に、

おもらしをしてしまったそうです。

 

クラスメイトが見ている中、

星野源さんの体を

先生がズボンを脱がせて

洗い流したようです。

 

その時の先生がデリカシーの

無い人だったんですね。

その事がきっかけで星野源さんは

周囲にイジメられるようになり、

心に傷を負ってしまったのです。

 

幼少期のちょっとしたトラウマ、

大人にとって些細な事も、

幼い子供にとっては

人生を左右する大事となる事も

ありますよね。

 

また同じような事が起きるかもしれないと思う

パニック障害の発作

学校や外出が怖くなる

 

星野源さんはこんな悪循環に陥り、

精神安定剤を服用しながら、

なんとか、中学、高校を

卒業していますが、

その頃には心がボロボロに

なっていたそうです。

スポンサーリンク


星野源さん、パニック障害を克服した

外出するのが怖い、

どうしようもない不安感から

星野源さんを救い上げたのは、

植木等さんが作曲した

クレイジーキャッツの

「だまって俺についてこい」

という歌だったのです。

 

仕事のないやつぁ

俺んとこへこい

俺もないけど 心配すんな

みろよ 燃えている あかね雲

そのうちなんとかなるだろう

わかっとるね わかっとる わかっとる

わかったら だまって俺について来い

 

この歌の”そのうちなんとかなるだろう”、

このフレーズが星野源さんにとって、

パニック障害をも克服するほどの

強力な精神安定剤になったのでしょう。

 

 

この音楽の力、

歌詞が持っている力を、

自分と同じように苦しむ人に届けたい、

そんな想いが現在の星野源を

作り上げているのでしょう。

 

悲しみを知る男「星野源」、

優しさや勇気に溢れた

歌詞のルーツは

ここにあったのですね。

 

「逃げ恥」をU-NEXT31日間無料トライアルで見る

U-NEXTで「逃げ恥」を視聴するには

ポイントを使う必要がありますが、

無料トライアル時に600ポイント貰えるので

そのポイントを使って視聴してください。

スポンサーリンク