斎藤工は映画監督 最新作「blank13」と映画祭情報

2014年ドラマ「昼顔」

2016年末「サンシャイン斎藤」

世間を賑わし、加速度的に

人気が上昇している斎藤工さん。

 

実は映画が大好きで、

映画評論家としても活躍、

また、斎藤工さん自身が監督として、

3本の短編映画を撮っています。

そして、2018年2月遂に、

長編初監督作品「blank13」も公開。

上海映画祭でアジア新人賞部門で

最優秀監督賞を受賞したこの作品、

どんな作品なのでしょうか?

 

今回は、映画監督としての斎藤工さんと

長編映画初監督作品「blank13」について

調べて行きたいと思います。

斎藤工さん映画初監督作品「サクライロ」

斎藤工さんの映画初監督「サクライロ」。

短編映画ですが、

斎藤工さんのエッセンスが詰まった作品。

斎藤工さんの同名CDに特典として

付いていたこの作品。

今ではプレミアがついて

なかなか手に入らないようです。

 

 

あらすじは、

斎藤工さん演じる光は同じ画家志望の

親友・藤本とルームシェアをしながら、

二人で絵を描きコンクールに

応募し続けている

ある日、自分の絵を応募するべく美術館に

向かう途中で同じく絵を持ち込む

晴子と出逢い、これを機に画家を目指した

3人の生活がスタートするのだが・・・

 

一人の人間の愛や妬みなど、

複雑な感情を上手く表現した、

斎藤工監督の才能を垣間見れる

作品になっています。

スポンサーリンク


斎藤工さん映画監督作品「半分ノ世界」

また、2014年には短編映画

「半分ノ世界」を公開。

 

 

大橋トリオのヒット曲「HONEY」から

インスピレーションを

受け映像化した作品だとか。

DVDは現在発売しておらず、

ヤフオクなどで手に入れるしか

方法が無いようです。

しかし映像定額配信サービス「UULA」なら

観る事が出来るようです。

スポンサーリンク


斎藤工さんの映画監督作品「バランサー」

同じく2014年に、

斎藤工が撮った

短編映画「バランサー」。

友人のあばれる君を主演とし

話題になりました。

 

 

「第7回したまちコメディ映画祭in台東」

の特別招待作品として上映されたこの作品、

 

あらすじは、

主人公の芸人が若くして

あまりにも順調に成功してしまうことで、

プラスマイナスのバランスが

悪くなってしまう姿を描く物語

 

コメディタッチのおふざけ感満載の作品。

DVDなどディスク化しておらず、

現在見る方法はあるのでしょうか?

誰か教えて下さい!!

スポンサーリンク


斎藤工さん初長編監督 最新作「blank13」映画祭でも好評価

斎藤工さんが最新作にして

長編映画初監督を果たしました。

タイトルは「blank13」。

 

 

あらすじは、

13年前に突然失踪した父が余命3ヶ月で

見つかったことから始まるある家族の物語

 

主演は高橋一生さん、

他、リリー・フランキーさんや

松岡茉優さんなど豪華キャストで

固められ今までの短編と

力の入り方が違います。

 

2018年2月の公開を前に、

「第20回上海国際映画祭」へ出品され、

なんと、アジア新人賞部門で

最優秀監督賞を受賞!!

 

過去には同じ「上海国際映画祭」で、

2002年に岩井俊二監督の

「リリイ・シュシュのすべて」が

審査員特別賞と最優秀音楽賞を受賞。

 

2007年には山田洋次監督の

『武士の一分』が最優秀音楽賞を受賞。

 

数年後には斎藤工さんの事を、

みんな「斎藤工監督」と

呼んでいるかも知れませんね!!

 

役者・斎藤工の代表作

ドラマ「昼顔」をFOD 31日間無料トライアルで見る

スポンサーリンク