高橋一生 鼻の傷に激怒?粉瘤、癌、病気の手術跡?

現在人気急上昇中の

高橋一生さんの鼻の傷

気になりませんか?

また、鼻の傷の事で高橋一生さんが

激怒したという噂も出ています。

粉瘤という肌の病気、

の手術跡だという説、

整形跡ではないか?

という説まで飛び出す始末です。

 

本当のところの鼻の傷の原因は

何なのでしょうか。

なぜ高橋一生さんは鼻の傷の事で

激怒したのでしょうか?

ここで調べて行きたいと思います。

高橋一生さんの鼻の傷は癌、整形の跡?

高橋一生さんの鼻の傷は

整形の跡ではないか?

実は癌の手術跡では?

なんて噂が出ているようですが、

それはご本人がはっきりと

否定しています。

 

「昔から鼻に粉瘤という

良性の腫瘍が出来ており、

2008年秋にそれを除去する手術を受けた。

その後、手術跡が目立っていたため

落ち着くまでしばらく休養していた。」

 

とあるトークショーで

こんな趣旨のコメントを

されていました。

 

14,5歳頃でしょうか。

ジブリアニメ「耳をすませば」で

声優をやった頃です。

 

25歳頃の高橋一生さん。

ドラマ「医龍-Team Medical Dragon-2・3」で

天才外科医役を演じていました。。

 

36歳の高橋一生さん。

ドラマ「カルテット」でヴィオラ奏者、

家森を演じました。

高橋一生さんのブレイクの

きかっけとなった作品と

言えるのではないでしょうか?

 

子役時代、20代、30代の頃と

画像を比較して見ても、

整形手術を受けた様には

見えない事も何よりの証拠でしょう。

 

粉瘤は良性の腫瘍のため、

癌では?という疑惑も、

同時に晴らされた形ですね。

スポンサーリンク


高橋一生さん鼻の傷は粉瘤が原因

高橋一生さんが患っていた、

「粉瘤」とはどのような

病気だったのでしょうか?

粉瘤(ふんりゅう)は

表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれる

皮膚の良性腫瘍の1つ。

 

専門サイトから「粉瘤」の

簡単な説明文を引用してみましょう。

 

”脂肪のかたまり”と

思われがちですが、

実は表皮でできた

袋のような腫瘍です。

体のどこにできても

不思議ではなく、

多発する人もいます。

手術で摘出するのが

最善の方法とされています。

 

手術前の高橋一生さんの画像です。

鼻にできものが確認されます。

 

皇太子の徳仁親王も

20年程前に手術され、

ニュースになった

病気のようですね。

スポンサーリンク


高橋一生さん鼻の傷に激怒

高橋一生さんの鼻の傷に関して

調べていると、

「高橋一生 鼻の傷 激怒」という

関連キーワードが出てきます。

 

鼻の傷の事で高橋一生さんが、

激怒したという事実は

全くないようです。

 

これは私なりの推測ですが、

自ら「粉瘤」という肌の病気だったと

告白する以前に流れていた

整形だという噂に対して

裏では激怒していたのかも

知れません。

 

また、「粉瘤」の手術を受けたが、

思った以上に跡が残ってしまった、

執刀した医者に対して激怒した

可能性も有るかもしれません。

スポンサーリンク


高橋一生さんの鼻の手術、医者が下手だった?

先程「粉瘤」手術を執刀した医者の

手術が下手だった可能性に

言及しましたが、

大きくなってしまった後の

「粉瘤」手術場合はあれくらいの

傷跡は仕方ないようです。

 

高橋一生さんの場合、

結構大きくなっていたのでしょうね。

 

顔が命の芸能人、

あれくらいの傷で済んで良かったと

思うべきかも知れませんね。

 

「カルテット」をU-NEXT31日間無料トライアルで見る

U-NEXTで「カルテット」を視聴するには

ポイントを使う必要がありますが、

U-NEXTは加入時に1200ポイント貰えるので

そのポイントを使って視聴してみてください。

スポンサーリンク